タウンワーク
比較する

地域密着型でTOPクラスの求人媒体、タウンワーク!
タウンワークは地域に目を向け、読者の生活圏に合わせた発行エリア。
読者の生活・通勤圏を綿密に分析。その結果をもとに、鉄道・主要道路などを考慮し、エリアを分類。広すぎず、狭すぎず読者にとって最適な発行エリアを実現し、約全国44,000ヶ所にラックを設置し、圧倒的な部数を配布。
駅・コンビニエンスストア・スーパー・書店・ファーストフード店・ファミリーレストランなど、読者が普段の生活の中で、よく立ち寄る場所にラックを設置することにより、求人情報を多くの求職者にアピールできる。

【強み】
約41,000ヶ所にラックを設置し、圧倒的な部数を配布。
誰もが立ち寄るコンビニエンスストアや駅など、街のポイントにタウンワーク専用ラックを設置。無料で持ち帰れるフリーペーパーですから圧倒的な読者数を誇ります。しかも仕事を探す人が自分で持ち帰るため、無駄な配布もありません。

またタウンワークネット&ケータイ版に無料で情報を転載。
フリーペーパーだけでなくネット・携帯メディアからも、幅広い求職者に情報を届けることが出来ます。
近年はネットからの応募もかなり増加しているとのことです。

【弱み】

アルバイト募集をしていても、エリアごとに契約社員・派遣社員・社員の募集が目立ちます。
また、フリーペーパーからの応募では幅広い年齢層になりがち。


【ポイント】

『家の近くで働きたい』といった、勤務地を重視して仕事を探す方向けのフリーペーパーです。

掲載料金

関西1週間18,000円~

媒体種類

特長・メリット

総合求人媒体(全職種掲載)
飲食業界に強い
ホワイトカラー職に強い
紙媒体も同時にあり
学生・若年層向け
アルバイト掲載メイン